Attackers Startup News

起業する前に知っておきたいお金の話Ⅱ #9

みなさんこんにちは。
税理士の荻島 宏之(おぎしま ひろゆき)です。

ここ3回ばかり「出るお金」の話、税金や社会保険などの話をさせていただきました。
さわりを聞いただけで嫌になる方もいますが、
何度も言うように付き合わざるを得ません。
起業家として最低限度の知識は持ちつつも、
専門家の力を借りることも検討してみましょう。


専門家を使う?どう選ぶ?




専門家を使った方がいいのか?の考え方




専門家と呼ばれる人はたくさんいますが、ここでは、いわゆる「士業」と呼ばれる、
弁護士、公認会計士、弁理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、税理士等のことを
考えています。

前回までの税金の話に関連する専門家といえば「税理士」ですし、
社会保険の専門家といえば「社会保険労務士」となります。

起業する方からよく聞かれるのは、
「税理士や社会保険労務士は最初からお願いしておいた方がよいですか?」
ということです。

「そりゃそうですよ」
と思わず営業的には口走りそうになってしまいますが、そこはグッと我慢します。

起業直後はとかく資金に不安があるものです。
その中で専門家へ費用を払うのも確かに大変ですので、
抑えられるのであれば抑えたい気持ちはよく分かります。

ここで考えていただきたいことが4つあります。

①専門家に依頼しようとしていることは「時間をかければ」自分でできることか?
②自分でできたとして、その時間は「かけるべき時間か」?
③自分でも解決せず、専門家にも依頼しなかった場合のちのち「致命的なダメージ」を喰らわないか?
④致命的なダメージを喰らうかどうかがそもそもわからない


上記の質問を考えてみて「専門家を使う」かどうか判断されるとよいと思います。
起業家の時間は有限ですし、「専門家も含めた他人の力をいかに使うか」も
事業成長のために必要な能力になります。

④のような場合には必ず相談されるべきですし、
「お金がもったいないから」ということだけで自分の時間を費やしたり、
重大なリスクを抱えることのないように気をつけてください。


専門家をどう選ぶか?




さて、専門家に相談してみようと思ったら次は「誰に相談するか」の話です。

これから起業される方はかなりの割合で、
「税理士を選ぶときの基準ってありますか?」
とみなさん聞かれます。

「おお神よ、私を選びたまえ」
と言いたくなりますが、ここでもグッと我慢します。

選ぶ前にまず探す方法ですが、税理士や弁護士などの探し方として一般的なのが、
下記の方法です。

・経営者仲間に紹介してもらう
・知人、友人に紹介してもらう
・銀行や保険の営業マンなどに紹介してもらう
・◯◯士紹介サービスで紹介してもらう
・色々な検索キーワードで自分で探索する

上記の他にも、書籍を出されていたり、
セミナーを開催されたりして名前を知っているということもあるでしょう。
いずれにせよ無限に選択肢を増やすわけにも行きませんので、
信頼できる方からの紹介を軸に探すのをお勧めしています。

いざ選ぶときに基準としては3つを考えるとよいと思います。

①得意分野、好きな分野は聞いておく

 例えば、労務手続きなどを行う社会保険労務士の方も、
 純粋に手続き代行一本の方もいれば、助成金申請が得意な方、
 人事評価制度の構築などが得意な方と人により特色があります。
 また「好きこそものの上手なれ」ではありませんが、
 好きなことには自然と力が入るもの。
 その方の将来像などをざっくばらんに聞いてみるとよいです。

②誰が自分の担当になるのか

 一人で事務所を構えている専門家であれば、
 相談窓口はその方だけですが、
 パートナーやスタッフが複数いる事務所の場合には
 日常の担当窓口が最初にあった専門家ではない場合があります。
 「この人がよかったのに・・」ということがないようにしましょう。

③能力がある前提ですが、相性も重要

 専門家としての能力については
 実際に仕事を一緒にしなければわからない面があります。
 そこは信頼できる方からの紹介などで補ったり、
 試しに相談をしてみる事が大事だと思います。
 その上で、ですが、相性はなんだかんだ言っても重要です。
 どんな専門家にパートナーになってもらいたいのか。
 探すときにはイメージを持っておくといいですね。


普段から少しづつ専門家ネットワークを作っておくのもお勧めします。
そうしておくと「いざ起業」「困ったことになった」というときの助けになりますよ。





ogihima 荻島 宏之(おぎしま ひろゆき)
 株式会社start-with/荻島会計事務所 代表 税理士
 1976年埼玉県生まれ。
 2013年6月に12年勤務した会社を退職。
 まだ世にない価値を創り出す「起業」を支援すべく、
 株式会社start-with/荻島会計事務所を開業。
 お客様とともに成長していけることに楽しさを感じています。
 HP:http://start-with.co.jp




ご意見・お問い合わせ


こちらの記事に関するご意見・お問い合わせは、
下記メールアドレスまでお願いいたします。

▼アタッカーズ・ビジネススクール事務局
 abs@bbt757.com
TOPへ戻る